2013年12月14日土曜日

JAWS-UGと出会ってから

JAWS-UG Advent Calendar 2013の14日目、人生初Advent Calendar。

JAWS-UGと出会ってからもうすぐ2年、色々とあったので振り返ってみます。
この先、JAWS-UGにJoinする人の参考になれば。



出会い

前の前の会社で @UniOce さんと10年程一緒だったのですが、ある日「AWSの勉強会で喋るから見に来ない?」と言われてホイホイついていったのがキッカケです。その時は Japan AWS User Group (JAWS-UG) - Osaka勉強会 第5回 で、勉強会(大きなイベントを除く)自体が初参加だったのでwktkして出掛けたのを覚えています。AWS自体については GDD 2011 DevQuiz でスライドパズルのソルバーを稼働させる環境としてEC2インスタンスを使ったのが初めて、だと思います。いいソルバーが書けなかった&時間が足りなかったので一気に数十台ほど起動させて分散処理させてたような…。週末は朝までコーディングとか分散具合の調整とか…アレは若かったな。

からの成長期

それから1年程はJAWS-UG Osakaが開催されれば毎回参加してました。
当時は業務系エンジニアで客先常駐(IT土方)だったので、現場以外でエンジニアの方と触れ合う機会が皆無。でもJAWS-UGに行けばその機会が生まれる、色々と新しいこと知らなかった事をInput出来るのが新鮮でやみつきでした。そのうち他の勉強会(Node.js/HTML5など)とかにも参加するようになり、一気に世界が広がった気がします。

多分、キッカケは 春のJAWS-UG 三都物語 2013 だと思います。今まではInputを貰うだけだったのですが、コミットしていきたいと考えるようになってきました。実際に三都物語では運営に参加して少しはコミット出来たのかなと思います。
そこからは、モクモクしたり他のJAWS-UG(神戸、名古屋、東京)行ったりSummit行ったり認定SA取ったりBeginnersやったりFESTAやったり。まだまだコミットが足りていないのでこれからもやっていきます。

感想とこれから

JAWS-UGにJoinしてなかったら今の自分はない、と考えると本当によかったです。昔の自分より今の自分の方が楽しそうにしている気がします。人生は1度きりなので悔いのないように楽しまないと。色々な人と出会えたし、いっぱい(・∀・)人(・∀・)ナカーマが増えたし転職も出来たし、本当に感謝カンゲキ雨嵐。
引き続き、JAWS-UGにはコミットしていきます。一番気になっているのは JAWS DAYS 2014 (実は私の誕生日なのでもし行けたら誰かプレゼントください。行けなかったら送ってください)…ではなく、全国41箇所までJAWS-UGが広がっているのに、実家のある富山にはまだ無いこと。ちょっと生活も仕事もバタバタしてるのでもう少し落ち着いたらJAWS-UG 富山の立ち上げとかやってみたいかも。住んでいるのは大阪なのでやり方考えないといけないですが。

そんな感じで。